エビデンスがなくても言っちゃって欲しい

 最近の医療は縮小医療であると思っています。医師の裁量で何か革新的なことがとてもしにくい状況があるわけです。

 先日、私はとある医師の研修会で、喉の処置と、アジナーチャクラの関連について、自説を紹介しました。全くのいい加減な話ではなく、自分の気功の先生にも、その感覚について確認してもらい、意見を求めてから話しました。

 しかし「学術的ではないので学術集会の内容には相応しくない。今後気をつけるように」と学会からクレームが来ました。

 その処置が引き起こす効果を誰も理論的に説明できないから、こっちも真剣に考えているのに・・と残念な気持ちになりました。

 上記のように患者さんにもエビデンス(確実な証拠)がないことは言わないようにしないといけない、という風潮が医師側には確実に高まっています。

 でも患者さんはエビデンスのあることだけを求めているのでしょうか?私はそんなことはないと思うのですが・・。

 そこで、自分が病気になったとして、医師にどのような情報を求めるのか、アンケートをやってみましょう!

あなたは入院を要する程度の病気になったとき、医師からどのような情報が欲しいと思いますか?
Powered By クリックアンケート

メルマガ「実践ロハス生活!これであなたも医者いらず」より

2007年11月04日