気とお金の関係は・・・?

 私が気功治療を最近サボっているのは、時間のゆとりと、心の余裕がないためなのですが、「気」による診断と治療が最も根源的であると考えている私としては、自分のエネルギーを大きくしたいと思っています。

 実はある本を読んでいて、気功をサボっていることを痛く反省させられました。その本とはこの本です。

 『高次元科学―気と宇宙意識のサイエンス
 関英男(著) 中央アート出版社、1994/06

 ちょっと一般的常識を外れた本ではあります。宇宙人の話とかが妙に詳しく、逆にトンデモ本という印象を持ってしまいますが、それを置いてもなかなか良いことが書いてある本だと私は評価しています。

 この本に、「気」もお金も、消費して自分に巡ってくることが健全であり、溜め込むと調子が悪くなるということが書かれている箇所がありました。

 わがクリニックは自慢ではありませんが、お金は設備投資と身の丈知らずの人件費(医師を4人雇っています)と、私の飽くなき興味への投資(ものすごい本代です(笑))により、余裕のない経営状態です(苦笑)。それでもお金は回っていて、何とかなるという実感はありますが。

 「気」については今まで全く意識しませんでした。しかし「気」を消費してさらなる「気」の取り込みを目指すことで、より大きなエネルギーが扱えるようになるのですね。

 これから気功治療を少し立て直して、また修養しようと思っています。「気功外来」にしてみるか。どうしようか。

メルマガ「実践!新ロハス生活~これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!最新号のサンプルも見られます。

2009年09月06日