今までの気功生活、これからの気功生活

 自分の身体を整えるのに気功が良いと感じてから6年くらい経過しました。当初は何が全く分からず、よく続いたものだと思います。

 あるとき、自分の嫌いな酸味の強いコーヒーを出されたので、その味を気功で変えてみよう!と思い、マイルドにできたのが気功を習い始めて1年くらい経過した頃でした。思いを出力できることを実感した瞬間でした。

 さらに1年程度経過したころから、気を感じることが一番重要であることに気がつき、呼吸法を訓練の中心に据えました。このおかげで、患者さんの気を感じられるようになり、診察にも気功が役立つことが分かりました。

 原因不明と言われる病気の内容にも少しずつ触れることができるようになり、少々できるようになった反面、まだまだ病気の根源、奥底のものを掴みきれないこともしばしばです。特に心の問題にはなかなか触れられないと感じています。

 これからは患者さんの精神面に触れるような内容にしていかないといけないと考えていて、気を整えると同時に、瞑想をして、気のエネルギーを精微なものにしていかないといけないと思っている今日このごろです。

 アロマオイルを使って心のケアができると思うのですが、どうしたら良いのか、まだ暗中模索の状態です。

 先日、アロマオイルの気を治療で使ったのですが、その相手の人に思い切り気を入れたときに背中が歪んでしまったので、まだ身体の整え方も不十分なのだなと認識しました。まだまだ修行ですなあ。。。

メルマガ「実践!新ロハス生活~これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。

2012年06月03日